看護部このページを印刷する - 看護部

 

タイトル
 
看護の専門性を生かし、安全で安心していただける看護を提供いたします。
 
タイトル

1.生命と人格を尊重し、専門的な知識・技術に基づいた安全な看護を提供します。
2.職員間のコミュニケーションを円滑に保ち、チーム医療を推進します。
3.地域と連携をはかり、継続看護を推進します。
4.常に自己研鑽し、仕事を通して自己成長を図ります。

 

タイトル

 

看護部院内教育方針
理論と知識をもって創造し、行動する看護の実践者を育成する。

<当院が目指す看護師像>
1.知識に裏付けられた、正確で安全な看護実践能力を持つ看護師
2.あらゆる対象に適した看護実践能力を発揮できる看護師
3.看護実践を通して、常に自己成長を目指す看護師
4.高い倫理観を持ち、患者の尊厳を重視した看護を実践できる看護師
5.専門職としての責任と役割を果たせる看護師

看護部院内教育目標
専門分野の知識・技術を統合して、看護実践できる能力を持つ看護師を育成する。

1.専門的知識・技術を有し、安全・安楽な看護を提供できる看護師を育成する
2.患者のニーズがわかり、患者に合ったケアを提供できる看護師を育成する
3.日々の看護を振り返り、事故の看護観を高められる看護師を育成する
4.対象の人権を尊重し、共感をもって関わりができる看護師を育成する
5.多職種と連携できる能力を持った看護師を育成する


◆看護部院内教育の考え方
国立病院機構では、独自の「看護職員能力開発プログラム(ACTYプログラム)」に基づいて教育計画を立案・実施していましたが、変動する医療の動向に対応し、「地域のニーズに応えられる高い実践能力と、看護を言語化できる能力を持つ看護師の育成」を目指し、平成29年度からラダー制を導入しました。

◆新人看護師支援体制
新人看護師支援の考え方
1.当院では屋根瓦方式の教育を基本とし、先輩看護師全員が日々の看護実践場面を通して後輩を指導します。部署全体でともに支え合い、成長していくことができるように取り組んでいます。

2.新人看護師が「スタッフナースとして自立すること」を念頭に、専門職業人としての仲間入りを支援します。
※当院における新人看護師の自立の定義は、「一人で何でもできる」ではなく、「自分にできること、できないことを判断し、必要な支援を自ら求めながら物事を解決していくことができる」です。